太陽光発電
   

太陽光発電といえば皆様、御存じとは思いますが「どんなメリットがあるのか詳しく分からない」など導入に悩まれている方も多いのではないでしょうか?
そこで、太陽光発電のメリットを具体的にご紹介したいと思います。


太陽光発電で発電した電気は自宅用の電気として使います。
したがって、電力会社から購入する電気代はかかりません。さらに、それを上回る電力を発電すれば電力会社へ売ることが出来ます。

この余った電力を売った分が手元に入ってくるので、売買が多ければ多いほど黒字になります。
節電量の多さに伴って器具の償却、つまり設置費用の回収が早くなるということです。


近年よく耳にするようになった「脱原発」という言葉。
原子力発電の停止により火力発電用の燃料費が大幅に増加しているため、電気料金の値上げもやむを得ない状況となってきています。

現在の電気代は三段階制度を取っています。
中国電力の場合で見ていくと、電気を使えば使うほど1kWhの単価が上がるという事になります。

(従量電灯A)電気料金 料金単価(税込)
最初の15kWhまで 320.15円
15kWh~120kWh 19.72円
120kWh~300kWh 26.09円
300kWh~ 28.12円


太陽光発電で日中の高い電気代をまかなえるということは、値上げによる影響を最小限に留める事ができるという事になります。


HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)を利用すれば、お手持ちのPC、タブレット、スマートフォンなどから、 外出先からでも太陽光発電の稼働状況を確認することができます。

また、エネルギー状況を目で見て確認できるから、省エネ意識も高まって、家族みんなで楽しく節電に取り組めます。


万が一停電した時にも、太陽が出ている間なら発電した電力を使う事ができます。
パワーコンディショナーを自立運転機能に切り替える事で、非常用コンセントから使えますので安心です。

 

原則的に、ソーラーパネルのメンテナンスは不要です。
ゴミや汚れなどは、雨や風によって自然に流れますが4年に1度程度、定期点検が推奨されています。


以上をまとめますと…

 



①電気代が安くなる
②電気料金の値上げによる影響が高まる
③節電状況が見えるので、意識が高まる
④非常時でも使えるので安心
⑤メンテナンスに手間がかからない

さらに詳しい内容につきましては、こちらのリンク先をご覧下さい。